突然救急車で   

朝、軽く走って自宅に戻ったら、突然息苦しくなり脈拍も上がったまま。だんだん走った汗ではなく冷や汗が。
ちょっと尋常ではない感じになり、これ以上我慢するとヤバそうだったので救急車で運ばれ病院へ。
幸運にも当直医の先生がちょうど循環器科の先生だった。
いろいろ調べられた結果、心臓の心房細動という不整脈だった。心臓の上の2部屋が痙攣して、下の2つの心室へ血液をしっかり送れなくなっているとの事。
電気ショックで急激に痙攣を取り除くと、心房に溜まった血液が固まって血栓になっている可能性があり、脳に流れると脳梗塞になってしまうという。そこで薬で脈拍を下げる事に。
ちなみに長嶋監督が心房細動から脳梗塞になったそうです。

e0153022_17413394.jpg
点滴に繋がれ1時間くらいしたらようやく脈拍が下がってきたが、心房細動の不整脈は取れない。ただ呼吸は楽になってきた。
昼頃まで病院のベッドで安静にしてどうにか落ち着いてきたので、発作時に飲む薬をもらい帰宅。

e0153022_174133100.jpg

思いかえせば、最近レースの途中で息苦しくなる事があった。ギリシャでも60Kmくらいで息苦しくなったが、暑さにやられたと思っていた。先日の皇居も暑くなかったのに、後半息苦しくなった。
いずれも暑さや脱水、ハンガーノックによる症状だと思っていた。
今まで人間ドックで何回か不整脈で再検査になった事はあるが、いつも問題が見付からなかった。逆に今回異常が突き止められて良かった。
来週から心臓の治療のため通院が始まる。足に続いてこちらもじっくり治していくしかない。
[PR]

by che-san | 2009-05-20 17:41 | 心房細動

<< ONKYOのミニコンポお買い上げ 打ち上げ江ノ島ラン >>