2010八ヶ岳野辺山高原100Kmウルトラマラソン完走記   

先週からのトラブル解析も、ようやく原因が判明して無罪放免となり、仕事も一段落。
そこで先週末の5/16(日)に走ってきた、第16回 星の郷八ヶ岳野辺山高原100Kmウルトラマラソンの完走記をようやくUp。

e0153022_23432399.gif
星の郷八ヶ岳野辺山高原100Kmウルトラマラソンコース図(地図をクリックすると拡大します)


一緒に参加したメンバーは、先日の箱根駅伝LSD練習会を走った、会社のウルトラ仲間の良さん、Daigoと、現地で合流したzekkenさん。

e0153022_23451572.jpg
前日受け付けをするために、会社の仲間と僕の車で野辺山へ。
晴れわたった野辺山から、未だ雪が残る八ヶ岳がクッキリと見える。


e0153022_23453148.jpg
野辺山ウルトラの受け付け会場。
受付を済ませると、スパルタスロンのゴールのホテルで同部屋になったSさんとバッタリ再会!
二人で「あー!」と顔を見合わせた。
ウルトラって世界が狭いので、レースに行くと必ず知り合いに会える。
これがまた楽しいんだなぁ。


e0153022_23454565.jpg
いつもお世話になっている、民宿「りんどう」の入り口。
あれ!?、今年から「歓迎ウルトラマラソン」の看板が、もの凄い歓迎です(笑)。
ウルトラは朝が早いので、夜8時前に就寝。


e0153022_2347883.jpg
当日朝は3時に朝食を食べ、4時前にりんどうの送迎バスでスタート地点に移動。
最高気温18℃と暑くなりそうな天気予報だったので59Km地点行きに、半袖Tシャツ、ハーフタイツ、下着、靴下など一式を預ける。
スタート時の気温は5℃、野辺山にしては暖かい。
そこでウィンドブレーカーは着ずに、長袖Tシャツ、ロングタイツで走る事に。

スターターはトリノオリンピック金メダリストの荒川静香。彼女の合図でスタート。
スタート直後に彼女とのハイタッチ目当てのランナーで、スタートゲートは大渋滞(笑)。
辛うじてハイタッチ出来たが、5Kmのエイドにも彼女は応援してくれていたので、あらためて両手でしっかりとハイタッチ(笑)。
金メダリストの御利益をしかと頂きました。

野辺山は標高が1000m近くで空気が薄いため、ゆっくりと走り出したが、5Kmを過ぎると体も温まってきたので、キロ5:45のウルトラペースを刻む事に。
12時間切りを目標にしていたので、リストバンドのペース表とGARMINを見ながら走り続ける。

10Kmを過ぎると野辺山名物、前半の山場の林道をひたすら標高1908m目指して上り続ける。
抗不整脈薬が効いているせいか、変な苦しさはなく、無事に最高地点の20Km付近を通過し、林道を下る。
その後、35Kmの稲子湯で白玉ぜんざい、おにぎり、味噌汁をしっかりと食べ(笑)、50Kmまでほぼ予定通りのペースを刻んだ。

しかし40Kmから50Kmの下りの頑張りと暑さのせいか、50Km過ぎから徐々にペースダウン。
なんとか59Kmのレストステーションに辿り着き、半袖Tシャツ、ハーフタイツに着替えた。

これでだいぶ涼しくなったが、なかなかペースは上がらない。
それでも、71Kmの滝見の湯には、過去に走った時より30分以上早く到着出来たので、腐らずに次の山場、馬越峠(まごえとうげ)を目指す事に。
ここは、とても走れる傾斜ではないので、攻めの早歩きで結構先行者を抜く事が出来た。

ようやく79Km馬越峠の最高地点に到着し、今度はここから下るのだが、もう足が痛くてなかなかペースが上がらない。
それでも平地にくると脚への負担が減るのか、またキロ6分程度で走る事が出来た。

でも野辺山は、90Kmから95Km過ぎまで、またまた上りがあり、最後の最後にこれがキツい。
当初の12時間切は無理だが13時間は切りたくて、時計とGARMINをにらめっこしながら、ラストスパート。
最後の踏ん張りでどうにか13時間を切り、今までの僕の野辺山の自己ベストを30分近く更新する事が出来た。
ウルトラは何度走っても、ゴール直前は目頭が熱くなってしまう(苦笑)。
やっぱり、ウルトラは楽しいなぁ。


e0153022_23473269.jpg
制限時間の14時間を過ぎたゴールゲート。
制限時間に間に合わなくても、未だランナーが走ってくる。
そんなランナーが来ると、大きな拍手が沸き起こる。


最近のマラソンブームで、ウルトラも参加者が急増しており、この野辺山も例外ではない。
なので、もう来年の宿泊予約も済ませました(笑)。
今から楽しみだなぁ。

  距離  SPLIT  10KmLAP
 10Km  1:01:14 1:01:14
 20Km  2:12:39 1:11:25
 30Km  3:21:08 1:08:29
 40Km  4:31:23 1:10:15
 50Km  5:36:15 1:04:52
 60Km  6:55:21 1:19:06
 70Km  8:34:05 1:38:44
 80Km 10:07:06 1:33:01
 90Km 11:27:44 1:20:00
100Km 12:54:35 1:26:51

第16回 星の郷八ヶ岳野辺山高原100Kmウルトラマラソン 100Km
月間走行距離 272.2Km
[PR]

by che-san | 2010-05-20 23:43 | Run | Comments(6)

Commented by runrun50 at 2010-05-21 10:48
こんにちは。
トラブル解決してよかったですね。

本当に過酷なレースなんですね。
1900mも走って登るなんて、びっくり。
でも、荒川静香さんとハイタッチできたの、いいなあ^^。
また、来年も行かれるんですね。がんばってください。
Commented by anne-lee at 2010-05-21 12:24
野辺山には家族で1度訪れた事があります。駅から歩いて牧場に行ったなぁ。でも着いた途端に土砂降りで、無理やり焼肉食って帰りました。なので僕以外にはいい思い出がありません(涙)。
荒川さんとのハイタッチ目的で渋滞っての笑えます。早く行けよ!って感じですね(スミマセン、捻くれてるんで;笑)。ウルトラ人気も上昇してるんですね。10kmも行けずにヒーヒー言っているのは恥ずかしいですよ~。
ちぇーさんのウルトラ日記を読むと必ずエイドで食事ってあります。食べて、走って横っ腹が痛くなる事無いですか?少量だから問題無いのかな。。。僕は一時期夜ランをしてたんですが、食後2時間後でも辛くてダメでした(笑)。
Commented by のこ at 2010-05-21 16:49 x
あらためて・・お疲れ様でした。
完走日記アップも^^

↑anne-leeさんと同じく 横っ腹痛くなりませんか?^^;
白玉ぜんざい なんて食べれそうにありません(笑)

レースって走るだけじゃなく、、気温や体調によってウェアーの準備などもレースのかけ引きみたいで、読んでて興味あります。
次回の反省点になったりするんでしょうね。

しかし、、、苦しいなか、、これだけのことを よく覚えていらっしゃるんですね。
やっぱり、ちぇーさんって私からみたら、、、ウルトラマンです^^

Commented by che-san at 2010-05-22 08:11
★ ゆららんさん、ありがとうございます。
ゆららさんさんの足の具合はいかがでしょうか。

前半の林道は砂利道なので、頑張り過ぎても足が空回りして体力を消耗するだけなので、踏み固められた部分を選びながらの我慢の走りに徹します。
やはり今年は調子良かったのか、あっという間に1908mの最高地点を通過したという感じでした。

ゆららんさんのお陰でスケートも多少分かるようになったので、荒川静香さんとの両手ハイタッチ、嬉しかったですね(笑)。
オリンピックメダリストとのハイタッチは、人生初かもしれません。
Commented by che-san at 2010-05-22 08:15
★ anne-leeさん、ありがとうございます。
そりや、野辺山にいい印象はないですね(笑)。
なにも無いですが、夏には涼しくて静かで良い所なので、今度は天気の良い日にどうぞ(笑)。

いつもスターターが右側に立つのを知っていたので、僕はスタートに並ぶ時点で既に右寄り(笑)。
まぁ、100Km走る前って、みなテンションが高いので、許してください^^。

食べた後横っ腹が痛くなるのは、お腹にガスが溜まるからです。
主に乳製品である牛乳、チーズなどを食べると溜まり易くなるので、それらを取らなければ横っ腹は痛くならないです。また走りながら食べる時は、少量ずつ摂取すれば問題ないですね。
エイドはほぼ5Km毎にあり、水分は毎回摂取、食べ物は10Km毎に取っています。
空腹を感じた時点で摂取しても遅いので、ハンガーノックにならないように早め早めに食べるようにしています。
Commented by che-san at 2010-05-22 08:30
★ のこさん、ありがとうございます。
参加費1万5千円も払っているので、エイドではしっかり食べないと(笑)。
各エイドには、バナナ、あんぱん、梅干などはありますが、名物エイドにはさらにメニューが豊富です。
35Kmの稲子湯は、白玉ぜんざい、おにぎり、味噌汁、スープ、50Km、71Kmではおにぎりに加えそば、87Kmでは、うどんと、後半になるにつれ塩分の多い食べ物を出してくれるようになります。

ウルトラは、朝から夕方まで一日走るので、暑かったり寒かったり、雨が降ったりと天候が変わるのは当たり前なので、直前の天気予報を見てウェアを選ぶようにしています。
今回ロングタイツでスタートしましたが、40Km過ぎからは暑かったですね。
ただ、前半の林道トレイル区間は膝に負担がかかるので、前半は暑くても膝をしっかりサポートしてくれるワコールCW-Xを履くようにしています。

<< ぷっち2010野辺山反省会&練習再開 一日遅れの速報、2010野辺山... >>