計画停電生活にも慣れてきた   

東北太平洋沖地震により壊滅的な被害を受けた福島原発の影響で、
首都圏の計画停電が始まって1週間、そんな生活にもだいぶ慣れてきた。

まず毎晩東京電力のホームページをチェックして、明日の停電の確認。
次に、通勤に利用する小田急線、相模鉄道の運行予定を確認。
もう、ルーチンワークになってます ^^。


e0153022_12331218.jpg
でもいざ停電の時の心強い味方、LEDヘッドライト。
これは、甲州夢街道215Kmのレースでも使用。
たしか17時頃、88Kmの勝沼のエイドでスイッチを入れ夜中走っていたら、
明け方4時頃、150Kmの地点の大垂水峠で電池が切れてしまった(涙)。
電源は小型のリチウム電池なので、12時間程度しかもたないようです。
でも軽くて走り易い、あっ、計画停電には軽さは関係ないか ^^。

あらためて見てみたら「National」のロゴ、
5年前は未だ「panasonic」じゃ無かったんだ。



e0153022_12333210.jpg
我が家の防災バッグに入っていた、「手回し充電たまご」。
これ結構優れ物で、1分くらいの手回し充電で、ラジオが3時間くらい聞ける。
他にLEDライト、携帯の充電など、今我が家で大活躍です。

まだまだ続く計画停電、電気の有りがたさを身にしみて感じます。
でも東北の被災された人の事を思えば、数時間の停電くらい我慢しなければ。


自宅~おおね公園~国道246~愛甲石田駅折り返し~自宅 21.7Km
月間走行距離 194.1Km
月間募金額 1941円


[PR]

by che-san | 2011-03-21 21:36 | The others

<< NHKラジオ講座からダウンロード 中止になった板橋Cityマラソ... >>