写真救済プロジェクト参加   

今日は被災地に行かずにも出来る復興支援として、
奥さんと二人で「写真救済プロジェクト」のボランティアに参加してきた。

e0153022_189132.jpg
もう、ニュースとかでやっていてバレバレなので、モザイク入れてません(笑)。
ハイ、僕の会社の親会社さんがやっていて、2週間ほど前にイントラで募集があり、
写真が趣味の自分にとって、これは絶対参加せねばと、ポチッと即断!^^。


ここは足柄にある写真の現像プリント工場、
お客様の写真をプリントして届けた写真が、
こんな姿になって返ってくるというのも、何かの縁という気がします。


e0153022_18104915.jpg
作業は6班に分かれて実施。
先ず写真をアルバムから慎重に取り出し、水の中で大きな泥を落として、
後は刷毛で丁寧に洗浄し、奥の洗濯物乾しのような所で自然乾燥。

僕らの班は、陸前高田市、気仙沼市からお預かりした写真を担当。
写真の裏や、アルバムに書かれた名前や、地名など、
持ち主が写真を見つけられるように、メモを取りながら進める。

海水に浸かっていたのか、潮の匂いが凄く、
アルバムの間からオキアミが出てきたりして、一同ビックリ。



e0153022_18105996.jpg
もちろん、全て元の姿に戻して助けられる訳ではなく、
水に浸っていた時間が長かった写真は、感光乳剤が溶け出して残念な結果に。
これらの写真も捨てるのではなく、被災地にお返しして現地で供養するそうです。



e0153022_1811343.jpg


e0153022_1811773.jpg

それでも、小さい頃の写真や、結婚式の写真などは、持ち主の一生の宝のハズ。
そんな写真を見つけると、なんとか救ってあげようと、班のメンバーの士気も上がります。


今日の小田原の気温は32℃、
もちろん体育館に冷房などなく、皆で玉の汗をかきながらの作業。
復興支援としては小さなものですが、
思い出の写真を救うお手伝いが出来て良かったかなと。
こんなに頑張ってきれいにしたので、持ち主さんに届いて欲しいもんだ。


早朝:自宅周辺 3.6Km
夕方:自宅周辺 3.6Km
月間走行距離 132.6Km
[PR]

by che-san | 2011-07-18 18:31 | The others | Comments(14)

Commented by Kenshi at 2011-07-18 22:15 x
凄いな、いろんな人ができることをいろんな形で行動で示している。ちぇーを見てると酒ばっかり飲んでる俺はつくづく堕落してるなって思えるよ。見習わないとね。
Commented by yurara28 at 2011-07-18 22:33
こういうボランティアもあるんですね。
きれいになって戻ってきたら、喜ばれるでしょうね。
できることをするって、素晴らしいな。

でも、泥だらけのアルバムを見るだけで、胸が詰まりそう。

暑い中、ご苦労様でした。
Commented by che-san at 2011-07-18 23:36
★ Kenshi、ありがとうございます。
そんな大した事ないよ(笑)、この震災関係のボランティアは、これが初参加。
本当は子供らの教育も兼ねてエントリーしたんだけど、部活とか塾とかで、結局参加したのは僕と奥さんだけ(苦笑)。

酒飲むのも復興支援だよ(笑)
僕も今、タンマリとのんでます^^。
Commented by che-san at 2011-07-18 23:47
★ ゆららさん、ありがとうございます。
この救済プロジェクト、ニュースで見て、是非参加したいと思ってました。
写真って、その人の人生そのものですからね。
なんとかきれいにして、送り返してあげたいなと^^。

泥だらけのアルバムを開くのは辛かったです。
幼い子供の入学式の写真や、結婚披露宴の幸せそうな写真を見て、このアルバムを失った持ち主さんの気持ちを考えると堪らないです。

今日は昨日より涼しいとはいえ、体育館の中は蒸し風呂状態でした。
被災地ではこんな過酷な環境で、今も避難生活を送っている人が沢山いると思うと、言葉になりませんね。
Commented by のぶまま at 2011-07-19 12:25 x
いいね、いいね。
なんか、写真見てると鼻の奥がツーンとしてくる。
一人ひとりの思い出がそこにある。
何とかしてあげたいね。
こんな素敵なボランティアもあったんだ!
ちぇーさんご夫婦のお人柄が伝わってくる。
Commented by che-san at 2011-07-19 18:46
★ のぶままさん、ありがとうございます。
人のアルバムを見ているだけで、もう泣けてきます(T_T)。
ゴールデンウィークの家族旅行や、成人式の写真、この人助かっただろうかと思っちゃうんだよね。
だから、なんとかしてあげたいと思って。

夫婦で良い汗かいたよ。
そして、自分達が凄く恵まれているという事に感謝しました。
Commented by のこ at 2011-07-19 21:51 x
こんばんは。
フィルム会社ならではの活動ですね。現地でも「思い出捜し隊」というボランティア活動をされてる方達もいるそうですね。
私の友人も大船渡で被災しました。津波は玄関まで到達しましたが、家は流されず無事でした。
もし、、津波の被害にあってアルバムなど思い出の物が流されていたら、私の持っている彼女との写真を全部送るつもりでした。
写真って思い出の表紙のようなものだから・・1枚の写真だけでも残っていたらうれしいと思う。
ちぇーさんが、関わった写真が、持ち主に無事に帰れますように・・・
Commented by che-san at 2011-07-20 06:06
★ のこさん、ありがとうございます。
そう、写真を扱う会社だからこそ、こんなになってしまった写真を救うのも大事な復興支援だと思ってます。

今でも富士フイルムの社員のボランティアが、現地での写真の洗浄をやっていますが、まだまだ人手が足りず、日が経つ事に写真が傷んでくるので、自治体の許可を得て写真をお預かりして、神奈川県足柄の工場で洗浄して送り返す事になりました。

お友達も大変だったのですね。
以前、連絡が取れずに心配していましたもんね。
家が流されなかったのは、不幸中の幸いでした。
本当に無事で良かったです。

思い出の品が無くなってしまうのは、本当に辛いと思います。
だから、この救えた写真が持ち主の元へ戻れる事を祈ってます。
Commented by 風来坊 at 2011-07-21 12:22 x
色々なボランティアがあるのですね。
今回はちぇーさんにピッタリだとは思いますが、大変ですね。
何かと忙しい身なのに尊敬します。
Commented by che-san at 2011-07-21 20:42
★ 風来坊さん、ありがとうございます。
そうなんですよ、写真を趣味にしているならば、絶対参加しなくてはと思って即断しました。

幸い富士フイルムの足柄工場は、風来坊さんもご存知の開成駅の近くなので、我が家からも比較的近くて参加しやすかったです。
こうして身近な場所で、人の思い出の復興支援が出来て、充実した1日でした。

僕なんかは大した事なく、もう何日も参加されている方も、大勢いました。
日本も捨てたもんじゃ、無いですね^^。
Commented by のこ at 2011-07-27 07:55 x
おはようございます。
このボランティアの話を おとんにしたら、参加したいな~っと言っているんですが、一般の人が参加できる時ってあるんでしょうか?
Commented by che-san at 2011-07-27 18:17
★ のこさん、ありがとうございます。
このボランティアは、今のところ富士フイルム関連会社の社員とその家族だけなんです。

自治体から写真を預かる際に、社外には決して持ち出しませんと約束しており、そのため関係者だけでやることになっているようです。
折角ですが、お気持ちだけ頂いておきます。
Commented by のこ at 2011-07-27 19:57 x
ちぇーさん 
了解です。

もし 今後 私たちがお手伝いできるプロジェクトがありましたら、お知らせしてください。
Commented by che-san at 2011-07-28 08:08
★ のこさん、ありがとうございます。
わかりました、のこさん達が参加出来るこのようなボランティアが有りましたら、直ぐ連絡させて頂きますね^^。

<< 合格しました 今日も暑かった >>