一人箱根駅伝往路完結の巻   

10/8(土)に会社の仲間と一人箱根駅伝往路の前半を走ってから、もう2週間が経ってしまった。
実は風邪をこじらせたり、週末が雨だったりしたもんで延期してました。


で、ようやくこの週末23日(日)に、会社の先輩Ryoさんと二人で、
一人箱根駅伝往路の後半戦として前回のゴール平塚から、
箱根駅伝のゴールである箱根町・芦ノ湖まで走ってきました^^。
では、始まり始まり~。

e0153022_20275884.gif
一人箱根駅伝往路 後半戦 平塚~箱根・芦ノ湖(地図をクリックすると拡大)




e0153022_20421872.jpg
スタート地点はJR平塚駅。前日までの大雨が止んだくれた。
前回もこの平塚駅を通過して温泉がゴールだったので、
距離の不正はありませんよ(笑)。


駅を背にして湘南の海に向かって走ると、
直ぐに国道134号線に出るので、ひたすら小田原、箱根方面へ。
3Kmちょっと走ったところで、箱根駅伝 3区平塚中継所を通過して4区に入る。
この区間は細かい起伏が続いて、昔は準エース区間だったとか。



e0153022_2043474.jpg
スタートから19.0Km(GARMIN)、酒匂川。
正面に箱根の山々が見えてきた、あれを登るのかぁと思うとシンドイわぁ><。

実はこの頃から風邪の病み上がりのせいか、呼吸が上がってしまい、
大量の汗をかきながらの苦しい走りに。先が思いやられるわぁ(苦笑)。
そして小田原城近くで、4区から5区に入り、いよいよ山登り区間へ。



e0153022_20453493.jpg
スタートから27.9Km(GARMIN)、箱根湯本駅前のみやげ物屋街。
ご覧のとおりの観光客で大賑わい、
我々は場違いな格好なので、早々に通過 ^^。



e0153022_20475171.jpg
スタートから28.7Km(GARMIN)、函嶺洞門。
よく箱根駅伝のテレビ中継の定点カメラで、5区のランナーのタイム差を測っているところ。
もちろん、我々は右の歩道を走ります。



e0153022_20503017.jpg
スタートから32.4Km(GARMIN)、大平台のヘアピンカーブ。
ここも定点カメラでよくテレビに映るところ。
本当に厳しい登りで、もう勘弁してもらいたい。



e0153022_20531015.jpg
スタートから36.2Km(GARMIN)、箱根登山鉄道、小涌谷駅の踏み切り。
宮ノ下の富士屋ホテルから、さらに勾配がグンとキツくなった登りを這うように走ると、
ようやくこの小涌谷の踏み切りに辿り着く。
箱根駅伝の時は、電車を止めて選手を通過させる有名な踏み切り。



e0153022_20562780.jpg
スタートから37.5Km(GARMIN)、箱根小涌園前。
ここもテレビ中継で超有名なポイントで、毎年各大学の声援や応援のノボリが凄い。
ちょうど勾配も、この小涌園を境に緩くなったので、
呼吸も楽になってきて、少しマトモに走れるようになった。



e0153022_2125512.jpg
スタートから42.5Km(GARMIN)、国道1号線、最高地点。
おおっ、遂に箱根の山を登り切った、後は芦ノ湖に向かって下るのみ!
ゴール出来る嬉しさで、次第にペースも上がる ^^。



e0153022_2165338.jpg
スタートから46.5Km(GARMIN)、一人箱根駅伝往路ゴール!
石碑には「東京箱根間往復大学駅伝競走往路ゴール」と書いてある。

遂にやりました、2回に分けて走ったけど、
これで大手町から箱根・芦ノ湖まで完走!

箱根駅伝のコースの事なら何でも聞いてください(笑)。
こんなバカらしい企画だけど、結構感動しました!^^。



e0153022_2191042.jpg
因みにゴールのそばには、「箱根駅伝ミュージアム」なんてものもあるようです。



e0153022_21124662.jpg
ゴール後は、近くの旅館の温泉に入り、
早々に祝杯ビールを飲みながら、バスで小田原まで戻って、
そこでしっかりと反省会をやりました^^。
いやぁ、楽しい企画だった!


ところで、先ほどのゴールにあった石碑、裏側にはこんな事が書いてあります。

e0153022_21143097.jpg
「東京箱根間往復大学駅伝競走復路スタート」

今度いつか、復路もやらないと駄目ですね ^^。


23日:一人箱根駅伝往路 平塚~箱根・芦ノ湖 46.5Km
今日:海老名事業所~国道246~自宅 14.4Km
月間走行距離 273.9Km
[PR]

by che-san | 2011-10-25 21:57 | Run | Comments(12)

Commented by gemini at 2011-10-26 00:21 x
写真と文章だけみてると
ブラリ旅っぽいけど
お正月のアレ往路完走したのねー
すごいわってか
もう何年も恒例のアレ
仕事で見られないのよ

スペシャル企画で
見るくらい

走れて羨ましい

その後の温泉
反省会はもっと羨ましい
それだけ参加したいな(笑)
Commented by che-san at 2011-10-26 06:12
★ geminiさん、ありがとうございます。
正月も忙しいんだ、お疲れ様。

走った後の芦ノ湖湖畔の温泉は気持ち良かったよ^^。
本当はその旅館に一泊したい感じだけど、次の日が仕事なので、風呂だけ入って打ち上げ会場は小田原になったんです^^。
でも反省会、楽しかったよ~♪
Commented by yurara28 at 2011-10-26 10:00
すごいすごい、ついに完走ですね!
お疲れ様でした。

街から温泉街、そして山道へ。
きつそうだけど、その変化は楽しそう。
いつか復路もやってみてください。
最後の数kmだけなら、走りたいかも^^。
Commented by yas at 2011-10-26 12:25 x
最後にまだ続きが・・・ってろころが最高ですね!次の企画もちゃんと用意されてる訳だ(笑)。あの坂を登ったんだから、やっぱり下りも経験しないとね。全く他人事でスミマセン。
ミュージアムにはいつも学校のノボリが立っているのだろうか。
そう言えば、提供はいつもサッポロだったかな?この箱根Versionはいいね!
Commented by Kenshi at 2011-10-26 12:43 x
箱根駅伝はお正月を過ごす代名詞として毎年見て、感動して、泣いています。
テーマをもって趣味に打ち込むのはいいことだし、ちぇーがスパルタンや箱根なんて想像もつかなかったよ(^^)
大人になって開花した人生なのかな。(まぁそれなりに学生時代も楽しかったけどね) 
身体の続く限りガンバッチクレ。オイラももう一度スポーツを開花させてみるよ。見ててね(^^)
Commented by 風来坊 at 2011-10-26 15:43 x
お疲れさまでした。
復路は?
と思っていたのですが、やはり考えておられたのですね、さすが!
酒匂川ですか、懐かしいですね。
Commented by che-san at 2011-10-26 21:18
★ ゆららさん、ありがとうございます。
そう、平塚の駅前から、箱根湯本を通過して、峠を越えて芦ノ湖に着いたって、凄い感動もんでした。
また時期を見計らって、復路にチャレンジしたいですね。

じゃ今度、平塚ゴールの時は、ゆららさんも最後一緒に走りますか^^。
Commented by che-san at 2011-10-26 21:23
★ yasさん、ありがとうございます。
最後のオチ、良いでしょ^^。
これ見たら復路もやらないとね。

箱根駅伝ミュージアムは、僕も初めて見たので、良く知らないのですよ。
時間があったら見学したのですが、早く風呂に入りたかったもんで、何も見ず(苦笑)。

サッポロビールは、たぶん箱根駅伝の冠スポンサーだと思います。
選手のゼッケンにも、サッポロビールのロゴが入っているので。
Commented by che-san at 2011-10-26 21:28
★ Kenshi、ありがとうございます。
箱根駅伝、僕もテレビで見ていて、いつも目頭が熱くなってるよ。
今年の早稲田の6区山下りで転倒しながら抜いて、鬼気迫る走りは本当に凄かった。

高校時代がチャランポランだったから、今その反動が来ているのかな^^。

Kenshiは、運動神経抜群だから、またチョッとやれば何でも出来るでしょ。
お互いカッコいい親父でいよう!
Commented by che-san at 2011-10-26 21:31
★ 風来坊さん、ありがとうございます。
また春になり、暖かくなったら往路にチャレンジしようかと^^。

そう、酒匂川は以前風来坊さんが、出張ランをした川ですよ。
またこちらに来る時は、是非走ってみてください。
Commented by feb-jin at 2011-10-29 10:21 x
やっぱり箱根が近づいてくると、blog.読んでいるだけ
気分がお正月になって、わくわくする!^o^/
函嶺洞門の脇にこういう歩道があることとか、見慣れている場所でも目線が違うと発見がありますね。
5区の辛さも中継よりも伝わりましたよ。
Commented by che-san at 2011-10-29 16:17
★ feb-jinさん、ありがとうございます。
特に5区なんなかは特徴があるから、走っていてもテレビで見覚えのある風景なので楽しかったよ。

テレビだと起伏ってあまり分からないけど、凄く登っているよ、もう堪りません^^;
でもその苦しさが伝わっただけでも嬉しい。

<< 海老名市制施行40周年 手話ラン初体験! >>